クライアントさんの大きな変化。その要因。

最近の出来事。

クライアントさんが、一年あまりのカウンセリングを経て、本人もカウンセラーもびっくりする位、大きな変化を遂げた。

彼女の生活や状況は大きく変わらないけれど、何といっても、本人の中身に、大きな質的変化が起きた。

どうしてこんなに変われたのか。

彼女が言う、「ラクで 軽くて 無理してない。自立ってこういうことなんだと実感できた」、その変化。

今回、その変化の要因は何なのかを知りたくて、改めて彼女に、「何が良かった?何で変われた?」と聴いてみた。

以下、彼女の発言をもとに、メモ書き。
他のクライアントさんにも通じる、大事なポイントがあると思う。

 

・「今の自分はダメ」だから、カウンセリングや努力を重ねて「変わらきゃ」「もっとこうあるべきだ」「こういう自分にならなければ」と頑張っていく姿勢・発想から、脱却することができた。

 

・解決したいと思ってきた日常のストレス場面については、「自分の心の中の小さい〇〇ちゃん」が反応しているのだ、と気がつけたことが大きかった。
生育歴やトラウマから生じた、その小さい自分(〇〇ちゃん)が、それを思い出させる刺激に触れて、うずいているんだ。恐れているんだ。過剰反応しているんだ。…ということに、心から納得できた。そして、その存在を大切に労わり、そこにいても良いと、優しく認めてあげられるようになった。そうしたら、以前より過剰反応せず、「大丈夫」になってきた。

自分の感覚に気がつけるようになって、自分の本当のニーズがわかるようになった。
自分が本当にしたいこと。あるいは、したくないこと。自分にとって、いい感じのもの。あるいは、違う感じがするもの。それが見極められるようになった。その上で、その自分のニーズに見合った行動を、自分自身で起こせるようになった。

・上のようなことを通して、自分への信頼を回復することができた。「こうあるべき」ではなく、今のままの、不完全で発展途上の自分で、すでにオーケーなんだと思えるようになった。

・変わらなくていいと思える自分に、変わることができた。

「人って、本当に変われるんだね」と、そのクライアントさんと、つくづく噛みしめあった。感心するやら感動するやら、一緒に、とても美しい時間を過ごさせてもらった。

無理なく自然に

人によって、「変われる」きっかけ・タイミング・ペース・方法は、まさに、それぞれだ。

だけどやっぱり、人は、変わることができる。

本人にその気があるなら、いつからだって人は変われる。いや、変われると言うより、「本来の自分を取り戻せる」という感じかな。「その人らしい、無理のない、自然な姿」に。

 

こういう嬉しいご報告が時々聴けると、私も、

「これからも この仕事を頑張っていこう。」
「私自身、人生を輝かせていこう。」

と、心を 新たにすることができる。

今回も、素晴らしいプロセスを見せていただいたことに、心から感謝。ありがとうございました。

 

コメントを残す