万引き家族

カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した、『万引き家族』、観てきました。

 

 

まさに、是枝監督らしい作品。

2004年の『誰も知らない』を思い出しました。

 

 

本当の家族とは。

本当の幸せとは。

 

 

個別の、説明しがたい事情や背景をろくに知らずに、行政や司法が「こうあるべき」を押し付けることの傲慢さ。

世の中、そんな単純でも、キレイなものでもない現実。

いろいろなことを考えさせられました。

 

 

あと、役者さんたち。

みんな素晴らしかったけど、特に女優陣。
樹木希林、安藤サクラ、松岡茉優の、身体や顔で訴える表現力の大きさに、敬服してしまいました。

 

万引き家族【映画小説化作品】
万引き家族【映画小説化作品】