2006年10月14日

久々に、庭の手入れを始めました。

5年前、家を建てたばかりの時は 張り切っていた庭の手入れ。
(当時は、「ガーデニング」と言えるくらいの気合いは入っていた。(^^;) )
でもここ数年は、忙しさにかまけて、ほとんど野放し状態・・・。
ひどいもんです。

これではいかん!

時は折りしも10月。
世間はそろそろ、冬・春花壇の準備をする頃だ・・・と思い、近くの
ジョイフル本田に行って、苗を仕入れてきました。

 

買ってきたのは、定番のパンジービオラなど。
コンテナ用に、多年草のネメシアステラも買いました。

ノースポールもいいかな、と思ったんだけど、あれはアブラムシがたくさんつくので、今回はやめました。

ガーデニングをやり始めたばかりの時は、
パンジー、ビオラ、サルビア、ペチュニアのような、どこの家にもあるような定番の花を使うのはイヤで、
店頭で見て、「素敵!」「可愛い!」と思える花を よく考えもせず、買ってきたものです。

でもね。
やっぱり、難しいんですよね~。(^^;)

私のように仕事や育児があって、なかなか庭や花の手入れに時間が掛けられない人には、やっぱり定番モノが無難かも。

上に挙げたような花たちは、なんといっても、
丈夫だし、開花期が長い!
パンジーやビオラの開花期の長さには、本当に頭の下がるような思いがします。

ついでに、開花期は短いけど、
一度植えれば、そのまま放っておいても毎年花を咲かせてくれる
スグレモノもいる。 それは、

 宿根草(しゅっこんそう) や 樹木たち。

           
この写真のあたりは、手入れもせずに放ってあるゾーン。
ハナミズキをシンボルツリーにして、周りに、ギボウシとか クリスマスローズなどの、宿根草が植わっています。

 

その中でも、私が特に好きな宿根草 (あれ?もしかしたら多年草かも?)は、「イモカタバミ」ちゃんです。
  (名前はダサいけど。)

何がえらいって、この花は、春にも秋にも花を咲かせるのよ。
しかも、開花期が長い! 1年の半分は花を咲かせてるんじゃないかしら。

この花、うちの実家の方の、イナカの庭先にはよく咲いてる花 なんだけど、店頭では なかなか置いてないんだよね。
私も最初は、お店で見つけようと思ったんだけど、どこに行っても 売ってなくて、半年以上探しちゃった。

結局、実家の近所のお宅で、株分けして頂いたの。
このイモカタバミ、かなり丈夫で、しかもすぐに株が大きくなるから、 株分けして増やしていくことも、問題なし。
本当にスグレモノの花ですよ。

 

球根系もいいよね。
チューリップスイセンなど。 うちなんか植えっぱなしです。
(本当は、開花した後、掘り起こした方がいいんだよね。(^^;))

うーん。
手入れはあまりしたくないけど、庭は綺麗な方がいい。
(勝手な発想なんだけどさ・・・。)

必要最小限の手間で お庭を保つために、 やっぱり、定番のビオラや宿根草。 オススメです。