外壁塗装 守谷 壁工房

先日、わが家で外壁塗装工事を行いました。
今回 工事をお願いした「壁工房」さんは、とても良い業者さんでした。

壁工房さんに頼まれた訳ではないのですが、(^^;) 良くしていただいた感謝の気持ちを込めて。
また、ウチも業者選びには悩んだので、守谷近辺で外壁塗装を検討中の方に、参考情報の1つを提供できるように。
ちょっとだけ、体験談をご紹介します。

 

▼施行後の写真。明るい雰囲気に仕上がりました。
外壁塗装 守谷 壁工房

外壁塗装をした理由

ウチが外壁塗装を行ったのは、別に「見た目」の問題じゃありません。
防水、耐震のため、必要に迫られて、です。

わが家の外壁は、旭化成のパワーボード。(今話題の旭化成…。(^^;))
コンクリート素材で出来ているこの外壁は、火(火災)には強いのです。

ただし、後から知ったのですが、水(湿気)には強くないんですね。
よく考えたらそうですよね。コンクリ素材ですもん。

実はわが家は、土地がやや低いところにありまして、雨や霧の時など、周辺の雨水や湿気が集まりやすいところがあります。
2008年のゲリラ豪雨の時は、一度「床下浸水」も経験しました。
(当時のブログ記事はこちら→ 豪雨で被害を受けました。2008年8月30日

・雨水や湿気に外壁がさらされる

・塗装がだんだんはげて、中に染み込む

・コンクリ素材の外壁はもろくなる

・大地震の時、ひび割れや崩れの原因に。

そんなの、困ります!
コレ、わが家を建築した工務店さんに教わりました。別の所のリフォームをお願いしようと、我が家に来てもらった時、以下のような会話になったんです。

「あれ? 吉井さん家の外壁、結構、色うすくなってきましたね!」
「えっ! まあ、言われてみれば少し…。」
「依頼受けた工事より、こっち(外壁)の方が優先かも。」
「え~っ!?」
外壁は、10年~15年くらいで塗り替え時期なんです。」
「・・・わが家は築15年・・・。」
「実は、ウチが施工した他のお宅(同じ素材で建築)でも…」

***
そう言って、2011年の震災の時、外壁のひび割れなどが起きて、リフォームを頼まれたお家が結構あったこと(わが家は、そこまでの被害はなかった)や、上の説明などをいただいたのでした。
マイホームにはやはり、定期的なメンテナンスが必要になるんですね…。(トホホ)

業者選び

最初は、上のように教えてくれた工務店に、見積もりを出してもらいました。
でも、この工務店が直接工事する訳ではなく、別の所に外注するカタチ。見積もりに内訳は入っていなくても、仲介料が上乗せされていて当然です。

近隣にはジョイフル本田もあり、そこでも外壁塗装は請け負っていました。
ですがここも、下請けに外注する形は一緒でしょう。

またこれまでに、外壁塗装の「飛び込み営業」が来たり、「チラシ」が入っていたりすることもありました。飛び込み営業や訪問営業をすべて否定する訳ではありませんが、そこまでしないと客が取れない業者なのでは、という見方もできます。
できれば、実績や紹介もちゃんとあるような、信頼できる業者に頼みたい。

そんなこんなで悩んでいる時に、思い出したのが「壁工房」さんでした。

▼立派なホームページもありますね! (スミマセン、初めて見ました…。)
守谷市の壁工房

私が壁工房さんを知ったのは、子どもが通う小学校です。
壁工房さんが、地元小学校に貢献すると言って、学校の廊下の壁や、校庭の遊具、プールなどの塗装をボランティアでしてくれていたんです。
当時、PTA役員をしていたこともあり、「へ~。近くにそんな業者さんがいたのか。」と知るきっかけになりました。

そこで最初は、3年前かな? カウンセリングルームとして使っている「ログハウスの塗装」をお願いしました。
頑張れば自分たちで塗ることも出来たのでしょうが、そこはプロにお願いした方が確実だと。
その時、とても丁寧に対応してくれたことが、印象に残っていました。

▼写真は、最近撮影したもの。
roghouse

そして今回、「そうだ、壁工房さんがいたか!」「えっ、住宅の外壁塗装が本業だったんだ。(知らなかった…(^^;))」となり、見積もりをお願いしたのです。

そうしたら、工務店で出してもらった見積もりよりも、40万円近く安いお値段が!

さらに衝撃だったのが、ジョイフル本田で外壁塗装を依頼しても、結局、壁工房さんに外注していると!
なら、直接こちらにお願いすべき!ということで、速攻お願いすることにしたのでした。

ちなみに、以下は 守谷市民限定のお話。

他の市町村にも同様の制度があるかも知れませんが、守谷市では、「住宅リフォーム資金補助金交付制度というものがあり、守谷市に3年以上住む人が、守谷市の業者にリフォーム工事を依頼すると、補助金がでるのです。(※2015年度分は、すでに終了)
わが家も、この制度を利用させてもらいました。地元の業者さんを応援するこの制度、こちらも助かるし、いいですよね。

壁工房さんに依頼して

とにかく、「丁寧に仕事をしてくれる所だな」というのが、一番の感想です。最初の相談から最後の工事完了まで、終始、丁寧で親切な仕事ぶりでした。私が印象に残っていることを、以下に、箇条書きします。

  • 見積もりを出すために、図面だけで出さず、現場確認を丁寧にしてくれた。
  • 使用する塗料(下塗り材やシーリング材など)の説明や提案が、とても具体的で分かりやすかった。納得して、塗料を選ぶことができた。
  • 外壁だけでなく、ベランダの内壁や床、雨どい、軒天や破風板、シャッターboxなどの塗装も、工事内容にしっかり入っていた。
  • 色の相談にも丁寧にのってくれた。サンプルだけでなく、実際に同じ色で施工したお宅も見せてくれた。
  • 工事を実際に行う「職人さん」の管理を、素人目から見ても、しっかり行っていた。
  • 例えば、職人さんは「作業日報」を記入。施主にも毎日これを提出し、当日行った作業内容の説明を欠かさず行った。
  • 工事完了後の「社長チェック」も、職人からすると厳しいくらい?に、細かい所までチェック。ちょっとした汚れなども対応させていた。
  • 何より社長さんが、丁寧な方なんだと思う。話し方から仕事ぶりまで、おだやかだけど几帳面にしっかりなさる方だった。

▼雨どいとか 軒天というのは、この辺です。
gaiheki04

ところで、「職人さんの管理、監督」という部分は、結構大事なんじゃないかと思います。
いくら、営業や社長が立派なことを言ったって、実際に作業をするのは、「現場の職人」ですから。

わが家を担当した職人さんたちも、実際、とても優秀な職人さんでしたよ。
経験もかなりあるそうですし、挨拶などもハキハキ、仕事ぶりも丁寧でした。

*****

最後に、今回の外壁塗装は、防水・耐震を一番の目的に行ったものですが、やっぱり、見た目も明るくキレイになったことは、実感として、ウレシイものですね。見た目が明るくなると、気持ちも、何となくパッと明るくなります。

以上、長くなりましたが、わが家の体験談でした。
参考になる方が1人でもいれば、幸いです。