ミーハーと言われるかも知れないけど、発売日当日に買ってしまいました。(^_^;)
「アナと雪の女王」のDVD&Blu-ray!

そして、Blu-rayで 初めて「字幕版」を確認。

吹き替えでは、キャラクターの口の形やセリフの長さなどの制約を受けて、「だいたい意味があっている意訳」に翻訳されています。

吹き替え版も結構好きなんですが、
(松たか子さん、神田沙也加さんの歌、いいですよね~!)

今回初めて、原語に比較的忠実に訳された(と思われる)「字幕訳」を知って…。
歌詞としては、やっぱりこちらの方がいいな、と思いました。

有名な「Let it go」も、原語である英語歌詞の方が、心理カウンセラー的にも深読みがしたくなる、奥深い歌詞なんですよ。
(エルサの心の葛藤や、飛び出してきた心情、背景が、とてもよく説明されている)

日本語訳のLet it goは、大筋意味があっているものの、やっぱり微妙なニュアンスや奥深さがちがうんですよね…。

それから映像も。
さすがに原語(字幕)の歌詞の方が、一緒に流れている映像とも、内容がバッチリ合っています。

そんな訳で、映画館での鑑賞も含めて、もう3度も観てしまった私でした。

【クリアファイル付き】アナと雪の女王 MovieNEX[Blu-ray+DVD]オリジナル特典付き