2007年5月25日

昨日の「ママイキNHK放映」と5月14日放映の「あいのり」を観て、 わたしは実感しました。
(実は私、”あいのり”好きなんですよ~。エヘッ!)

私たちが目にするものは 「それだけ」だけど、
その後ろには、なんて多くの”労力”や”時間”、”情報”や”真実”が 隠れているんだろう・・・! と。

上の日の あいのりを観た方は分かると思うのですが、30分の番組を作るために、膨大な時間の撮影や編集、労力や手間を要しているんですよね。 旅への同行スタッフも4~5名。平均睡眠時間3時間という過酷なスケジュールで、撮影や編集、メンバーのサポートをしているらしいんです。
それって、大変なことですよね~。

 

そして昨日。
ママイキが紹介された、NHKの首都圏ネットワークを観た時も、そう思いました。

ママイキやひろっしゅコーチが取り上げられたのは、「文化流行最前線」という10分弱のコーナー。 テーマは「専業主婦の子育て事情」という 感じで、ママイキの他にも、いろいろな人や場所を取り上げ、紹介して いました。

 

そして、私は以下のような計算で、10分のコーナー作るのに、 600倍の労力はかけている、と思ったんですよ!
(計算しているところが、我ながらスゴイ。笑)

 

まず、10分のコーナー作るのに、少なくとも3~4箇所の内容を取材していました。(ママイキは、その1内容でした。)

ひろっしゅコーチの話やブログから、ママイキの取材だけで、 数日&数箇所にわたっていることが分かります。
そしてそれらの「編集作業」には、取材と同じか、それ以上の 時間をかけていることでしょう。

仮に(私の勝手な予想で)、ママイキの取材や編集だけで、 5時間×5日で25時間の労力をかけているとします。
すると、他の内容にも同じくらいの労力が掛かっていると 思うから、1つの内容に25時間、それが4つで、 25×4=100時間。 10分コーナーに、100時間の 労力をかけていることになります。

100時間は、6000分になるから、つまり、
10分の内容を作るのに、その600倍をかけている!
そういう計算になる
じゃないですか~~!

 

スゴイですよね~!  600倍ですよ~?!

それって、他のことでもしかり、ですよね。

昨日私たちが主催した、ママイキ越谷の準備だってそうです。
学生時代を思い出せば、文化祭合唱コンクールだってそう。

本番で見せるものは 本当にわずかだけど、そこまでの準備や労力、手間ときたら・・・
何十倍、何百倍、ってものが掛かってます よね。

「子育て」だって、そうだと思います。
私たちが目の前にしている、この子供。
自分の子供でも、他人様の子供でもいいんですが、 この子がここまで育ってくるのには、どれだけの、親の苦労や
がんばりがあったことでしょう。 どれだけの、多くの人たちの助けや協力があったことでしょう・・・。

 

後ろには、600倍もの、時間や労力、
真実が隠れている・・・。

 

だから、今見えるもの、与えられたものだけで、安易に とらえちゃいけないんだなぁ。と思います。
その後ろにある、600倍もの大きなもの・・・。苦労や経緯、 見えないものなど・・・そんなことにも、意識できる私でありたいです。

 

時には、「感謝」や「尊敬」の念を。

時には、裏にある”情報”や”真実”も考える、「冷静さ」を。

 

後ろには、当事者しか分からない、
600倍の見えないものが隠れています。