水曜日、ある女性社長さんに会った。
 
 私より年下(20代!)だけど、私より、ずっとしっかり
 している社長さん。
 
 しかも、彼女の会社は、年商1億円を越している
 事業内容は、明らかに社会に貢献しているもの。それで、しっかりと
 結果も出せている。スゴイ。心から尊敬してしまう。
 
 私ったら大胆にも、彼女に、自分のビジネスプランについて、
 プレゼンしてきてしまった。
 (事前に、資料まで送付して! 普通、できないことだよね。)

 でも彼女は、とっても丁寧にプレゼンを聴いてくれて、
 その後も、
 3時間も一緒に、お酒を飲んでくれた。

 たくさんの会話が弾んだ、充実したひととき。

 ビジネスのこと。
 女性の生き方のこと。
 価値観。
 個性について。

 楽しくて、充実していて、あっという間の3時間だった。

******

 私のビジネス。
 
ミッション・思いは、決して変わらない。

 でも、私の個性に合う方法が、他にあるんじゃないかと彼女は語った。
 ご自身の体験からの、様々で、的確な話。

 ・・・深くうなずけた、彼女の指摘。

 
 ―――見つけてみるか。
 
 私のビジネスプランが形を変えるのは、今に始まったことじゃない。
 それに、例えアプローチは変わったって、決してミッションは
 変わっていないのだから

 極端な話、方法は何でもいい。

 自分と、家族と、社会が豊かになれる。
 自分が、納得して身を投じられる。

 そういう道なら、何だっていい。 
 私の人生をかけて、頑張ってみせる。見つけてみせる。