私には、応援したい仲間や知人がたくさんいます。
でも今は、特に この2人を応援したい。

最近お店をオープンしたばかりの、この2人です。

みみおさん。(ハピチア仲間、2歳年上の男性です。)
 
 親子カフェ+シニアのコミュニティカフェ、「はぴくす」を
 東京板橋にオープン。自然食やオーガニックも楽しめる、
 彼の夢を実現した、宝箱のお店です♪

ミーさん こと 坂井さん
   
(女性起業塾の同期仲間。1つ年上、同じかに座です♪)

  埼玉県飯能市に、初の女性専用30分フィットネス
  「Beauto飯能スタジオ 」をオープン。女性のアクティブ&
  リラクゼーションライフを応援しています。

2人とも、起業前から知っている仲間です。
しかも、本当に「仲間」と思えるような、親近感や等身大の
近さを感じていました。

そして2人とも、「そこまで書くか~!?」と思うくらい、
ブログに、困っていることや悩み、弱み みたいなことも
書いちゃうんですよ。
(ミーさんの場合は、only1.beというSNSのブログです。)

でも、その等身大の姿勢が余計に、仲間やファンの応援を
誘っているんですよね。 嘘偽りのない、その誠実な姿勢に、
みんなが、心から応援したい、そう思うんだろうな、と思います。

・・・私もそう。

2人の誠実なお人柄を ナマでも知っているだけに、
余計に、心から応援したいと感じてしまいます。

私は、いろいろな事情(性格、家庭、その他)から、
「会社を設立する」、という形での起業は、手放しました。
今でもそれで、正解だったと思っています。

でも、女性起業塾に行ったり、個人事業としてわずかですが
経験を重ねている中で、そのこと(会社経営での起業や事業)が、
いかに大変なことか、少なくとも2年前(教員時代)よりはずっと、
現実味を帯びて分かってきました。

本当に、並大抵なことではありません。

事業計画。資金の調達。物件を見つけること。
店舗をつくること。雇用。仕入れなどの準備。
集客や告知。営業。スタッフの管理。そして、経理・・・。

・・・起業自体も大変ですが、
事業を継続していくことは、もっともっと大変な
ことでしょう。

でも、そんなスゴイことを、
私とほとんど年の変わらない仲間が、
等身大の近さを感じていた、このお2人が、
手探りながらも 実践している。

自分の信念と夢に向かって。

私は、2人の頑張りを見ているだけで、胸が熱くなる気がします。
そして、励まされます。

心から、応援しています。

そして、私も私の形で、手探りながらも頑張ります。