8月4日(土)から11日(土)まで、カウンセリングスキル向上のため、札幌研修に行ってきます。内容は、「ソマティック・エクスペリエンス」というアメリカで注目を浴びているトラウマ療法の勉強です。 アメリカから専門の講師が来て下さり、通訳を介しての受講です! そんなの初めて!

以下、日本ソマティック・エクスペリエンス協会のトップページより引用。

ソマティック・エクスペリエンス(Somatic Experiencing®)は米国のピーター・リヴァイン 博士が開発した、身体と神経系の統合をベースにした、安全で自然なトラウマ療法です。
日本ソマティック・エクスペリエンス協会(JASE)は、日本におけるソマティック・エクスペ リエンスの普及を目指すプラクティショナーのネットワークとして2009年2月に発足しました。

▼ 開発者、ピーター・リヴァイン氏の著書はこちら。

心と身体をつなぐトラウマ・セラピー
心と身体をつなぐトラウマ・セラピー ピーター リヴァイン Peter A. Levine 雲母書房 2008-02

売り上げランキング : 12363

Amazonで詳しく見る by G-Tools

私が受講を決めたのも、こちらの本を読んで感銘を受けたのがきっかけです。

この「ソマティック・エクスペリエンス」(略してSE)の技法、私が今勉強中の「ゲシュタルト・セラピー」や「フォーカシング」と共通する部分があり、とても興味を持ちました。 またSEの理論は、トラウマについて、生理学、神経科学、動物行動学などを基にされており、そこにも、説得力を覚えてしまいました。

協会公認のプラクティショナーになるには、3年間の研修を要します。
ですが、 「トラウマ」からの回復は、カウンセラーをずっとやってきて、絶対に避けて通れない、一番勉強したい部分と思ってきました。

トラウマから、いかに短期間、かつ安全に回復してもらうか。
早く、皆さんのお役に立てる日がくるよう、研鑽してきますね!!!