数年前に話題になったこの本。 今さらながら読んでいます。

  『ユダヤ人大富豪の教え

       

読み始めたきっかけは、セルフコーチングでお世話に
なっている野口さんが、著書で薦めていたから。

お金」、「お金を稼ぐこと」、「自分の好きなことを貫く」に、
どこかで不安やネガティブな思いを感じている人には、
確かにおすすめかも知れない。
(私も、自分の中に そういう部分があることに気が付き、
 この本を読むことにした。)

この本では、幸せなお金の稼ぎ方、好きなことをやることが
いかに大切か、ということについて、語りかけてくれる。

それから私が強く感じたのは、
この本って いい意味で、自己啓発本や成功本にある内容が、

「総復習」できる内容かも。

それ系の本をよく読んだり、野口さんのワクワクチャレンジ
ずっとやってきた私には、「あぁ、これは あの本にも書いてあった
あのことだな。」とか、思い出すことがよくあった。

でも、ここで注意したいのは、
「ああ、知ってる、知ってる。」と 分かったようなフリをして、
ちゃんと味わわないこと。
それじゃあ、ダメだ。

「知っている」と「実践できている」は、別モノだもんね。

ある人が、知識がある人は不幸だと言っていたっけ。
大切なことも、その知識で、「ああ、知ってる。」と分かったつもり
になってしまい、ちゃんと受けとめない時があるから。

人の教えも、話も、
頭を真っ白にして、素直な気持ちで受けとめ、味わうこと
大事なんだと思う。

(でも、マスコミのゴシップネタや噂話は、また別だけどね。)

これは大事だ!と思える内容は、何回聴いたって、何回読んだって、
ちゃんと受けとめて味わいたい。 
そして、落とし込みたい。

・・・落とし込むには、実践、行動、体験。

それも忘れちゃいけないなぁ。

とにもかくにも、「お金を稼ぐこと」とか「起業」とか、
自分の好きなことを貫きたい」と思っている人には、
一読をオススメします。