私は、自分の中に「問い」がある時、本を読む。

最近の私は、大きな問いがたくさんあった。

キーワードは、
聴くということ」 「承認」 「I(私)メッセージ」 「感情の成仏
アダルトチルドレン」「インナーチャイルド」「無償の愛」「癒し」などだ。

今月だけで、一体何冊の本を読んだろう。
(10冊以上。絵本を入れたら数十冊。(^^;))

たくさんの本を読み、
人や自分と対話をし、
迷い、気付きと葛藤を繰り返す中で、
やっと、明るい希望が見えてきた。

そして昨日、私には大ヒットの本を見つけることができた。
皆さんにも、ぜひ紹介したい。

 

愛と癒しのコミュニオン (文春新書 (047))
鈴木 秀子

愛と癒しのコミュニオン (文春新書 (047))
死にゆく者からの言葉 (文春文庫) 奇跡は自分で起こす―幸せになる1ミリの法則 9つの性格 エニアグラムで見つかる「本当の自分」と最良の人間関係 (PHP文庫) 心の対話者 (文春新書) あなたの心が光でいっぱいになる本
by G-Tools

 

この本を知れたのは、友達とアマゾンのおかげ。
友達は、鈴木秀子さんの別の本(心の対話者)を薦めてくれた。
この本も、図書館に予約をしたところ。
(ちなみに、鈴木秀子さんって、9つのタイプの「エニアグラム」を
 日本に広めた人です。ご存知の方も多いのでは?)

薦められた本をアマゾンで調べていたところ、
友達が薦めてくれた本は もちろんのこと、上に挙げた本も
気になったので、こちらを先に購入し、読んだのだ。

 

私は、ここでは多くを語らないが、

・人との接し方。(子育て含む。)
・自分との接し方。
・「聴く」ということ。
・アクティブ・リスニング。
・承認。
・I(私)メッセージ。
・愛とは? 癒しとは?

・・・ということについて、興味や意識がある人なら、 絶対に、得るものがある本だと思っている。

ともかく私は、「鈴木秀子さん」についても、ものすごく関心が高まった。
「心の対話者」のみならず、この人の別の本も、ぜひ読んでみたい。

 

ああ。
それにしても、改めて、本って素晴らしい。

その人が、何十年もかかって到達したと思える叡智に、 こうやって本を通して、触れることができるのだから。

その人の価値観や叡智が、きちんと体系立てて、 語られている。

知識に振り回されることはいけないが、多くの価値観やものの見方に触れることは、やっぱり大切だと思う。

とにかく、この本にある価値観やものの見方は、 ぜひ一度は知ってもらいたい。
私にとっては、久々に大ヒットした本です。