iPhoneを使うようになって、これはうまく使うと、本当に生活が
便利になる、効率的になると実感している。

今の時点でも、体重管理、生理日管理、タスク管理、家計簿、
備忘録、夕飯に困った時のレシピ探し(クックパッド使用)…など、
ホント、便利に使わせてもらってる。

そして最近、「仕事」や「やること」が同時並行的にたくさんになってきて
しまったので、それらタスクを、iPhoneで上手に管理できないものかと
思うようになった。流行りの「ライフハック」な感じ?

それで、いくつかの関係サイトや書籍を読んでみて、「心理学的」、
「実際的」視点から語っている、この本の著者、佐々木正悟さんが
結構、気にいってしまって。

それで、この本も読んでみた。

クラウド時代のタスク管理の技術―驚くほど仕事が片付いてしまう!


クラウド時代のタスク管理の技術―驚くほど仕事が片付いてしまう!
佐々木 正悟

東洋経済新報社 2011-11-25
売り上げランキング : 7041

Amazonで詳しく見るbyG-Tools


うん、うん!
書いてあることを、私がすぐに全て活かせるかどうかは別だけど。(^_^;)
すぐに試したくなる、または頷いたり、感心したりしちゃう考え方がたくさん!載っている。

著者の実体験やたくさんの情報、知識に基づいた見解は、説得力あるなぁ。


◆以下、私の覚え書き。
(私にしか分からない、不親切なまとめ方かも。)


・頭でタスクを管理しない。タスク管理ツール(システム)に覚えさせておく。
・タスクを書きだすだけじゃダメ。タスクにかかる「時間」込みで、計画する。

★ タスク管理システムは、複数のツールから成り立つ。
(1)プロジェクト管理ツール (著者おすすめ ”OmniFocus”)
PCはマック版のみ。iPhoneアプリはあり。
http://itunes.apple.com/jp/app/omnifocus-for-iphone/id284885288?mt=8

(2)タスク管理ツール(著者おすすめ ”Toodledo”。 ブラウザ使用。)
☆ただし、英語サイトでとっつきにくい? iPhoneアプリは日本語表記。
http://itunes.apple.com/jp/app/toodledo-to-do-list/id292755387?mt=8

iPhoneアプリなら、”Pocket Informant”も おすすめ?
http://itunes.apple.com/jp/app/pocket-informant-calendar/id302503702?mt=8&ign-mpt=uo%3D4
(3)カレンダー (著者使用は、Googleカレンダー)

(4)緊急用の紙メモ

(5)見積もり時間を知るための、行動記録ツール(著者おすすめ”Toggl”)
 



・読書など、コツコツ型のプロジェクト管理に Googleスプレッドシート(エクセル)

・「プロジェクト名」や「フォルダ分類、階層」を、全ての管理ツールで統一する。

・プロジェクトやフォルダの名称は、たとえば、「締切日+プロジェクト名」
(例: 120116タスク管理ツール覚え書き)

 ・メモ、写真、メール、その他データなど、「参考資料」を一元管理するツールとして、
「Evernote」を使う。

 

・Evernoteにストックする時に、タグに「プロジェクト名」を付けておく。
 (タグはいくつでも貼り付け可。)

・それぞれのメモを、分かりやすく階層整理されたフォルダ
 (Evernoteでは、"Notebook")に整理して入れておく。

・Toodledoの補助アプリとして、「速Todo」。 (iPhoneアプリ)

・アナログ手帳だけど、2週間分のプロジェクト管理ができる、「YPad」。

・いつもやることの「ルーチン」化。 ルーチンタスクを、いかに上手に配置するか。
行動時、ラク(無意識)に行えるように、整理しておく。(手順、下ごしらえ)
 
・決まった手順を事前にリスト化、作業時、iPhoneで確認するアプリ。
(朝食の支度手順など)  →「モバイル問題【domo Todo+】」

・はかどりやすい時間帯、一度にやれる特定の状況、などの「コンテクスト」を考えて、タスクややることを配置する。


 ★ToodledoのiPhoneアプリについて、下記サイト参照。
http://cyblog.jp/modules/weblogs/8480

×