私が昔大ファンだった、斉藤由貴さんの 17年ぶりNEWアルバム!


何もかも変わるとしても
何もかも変わるとしても


斉藤由貴

femme fatale 2011-02-14
売り上げランキング : 19973

Amazonで詳しく見るbyG-Tools


最高。

涙 流しながら聴いちゃった。

「恋愛」や自分の中の「葛藤」を歌ってきた由貴さんが、母親になって、
一回りも二回りも大きくなって、柔らかくなって帰ってきた感じ。

アルバムの中の 「樹」 というナンバーの歌詞(作詞は谷山浩子さん)が、
そのまま、今の由貴さんを表現している気がする。

”こんなにも少女だった
せつないほどきみは 夢に生きた
あれから時が苗木のきみを 大きな樹へと育てたね” 

”ガラスの靴をぬいで
ガラスの心をぬいで
裸足のきみが笑う
あのころのきみのような
傷つく魂を 今守って”

”長い月日が苗木のきみを 大きな樹へと育てたね”


昔からの、繊細さと 真っ直ぐさは そのままに。

”豊かな”、”母親”になった 由貴さん(歌詞や歌声から溢れています・・・)に、
20年後の私も癒されました。

同じ年代(30~40代)の女性や 母親である方に、ぜひ聴いてもらいたい
素敵な アルバムです。