いっしょにIKUJI セルフコーチング ワクチャレ


【50】行動するために必要な「自分軸」とは?

▼今回の記事 (行動の力シリーズ第5弾)
 
http://coaching.livedoor.biz/archives/17185783.html



 

<覚書>

 

まず最初に、中国の寓話からの紹介。
「自分達はどうしたいのか?」というがなかったために、
いろいろな人の言葉に振り回されてしまう兄弟の話が挙げてある。

 

自分達の軸(目的、方針)が定まっていれば、周りの人の
批判に振り回されることはない。

周りの人はそれぞれ違った軸を持っていて、それぞれ好き勝手な
ことを思い、様々なことを言う。
そして、あなたがそのとおり行動したとしても、
その結果については、
誰も責任を取ってくれないのだ。

 

行動できない原因の一つは、他人の軸で考えてしまうこと。
「こんな行動をしたら、周りの人はどう思うだろうか?」

他人の軸に従い続けた結果、自分が望まない最悪の結果に
なることもある。そして、誰にも責任を取ってもらえない。
そこで被害者を演じても、望む結果は得られないのだ。

 

あなたが望む結果は何ですか?
そのために必要な行動は何ですか?

自分の人生の結果は、自分の責任で創っていくしかない。
だからこそ、

他人の軸に左右されず、しっかりと自分軸を持って
行動を始めることが大切である。

 

ただし私達は、場合によっては、謙虚になって、他人の忠告や
批判に耳を傾ける必要がある時もある

特に、何かに執着して自分の視野が狭まっているときや、傲慢になって
大切なものを忘れてしまっている時などには、他人からの忠告や批判に
よって、目が覚めることもある。

だから今回の話を、「他人の忠告に耳を傾けるな」というような
極端な意味では捉えないように。

<質問への回答>

(1)あなたが望む結果は何ですか?
  ・自分、家庭、仕事、全てが充実し、バランスよく
楽しんでいる私になること。
  ・同時に、家族のみんながHAPPYであること。

 

(2)そのために必要な行動は何ですか?
  
  ・ダンナや子どもたちに対して、もっと思いやりある行動をとること。

  ・家計を本気で考える。
   (収入を作るか、支出をとにかく抑えるか・・・。)

  ・自分、家庭、仕事をバランスよく回していける、生活習慣作りに
   真剣に取り組む。

  ・家庭以外のことで、もう少し手放せるものを手放す。