いっしょにIKUJI セルフコーチング ワクチャレ
今回から、新しいシリーズです。
◆心の内から変えていく! 心理学手法を活用する!
 「成功したい人が一番身につける必要があるものは?」~連続5回


【56】成功したい人が一番に身につける必要があるものは?(1)

 ▼今回の記事
 http://coaching.livedoor.biz/archives/12834371.html


 

<覚書>

成功者の多くが、口をそろえて
「成功の鍵を握るのは『ものの見方・考え方』だ」と言っている。
そして、その最も基盤となる「ものの見方・考え方」は、
「主体的な見方・考え方」である。

名著「7つの習慣」の中でも、「『主体性の発揮』こそが、成功するため
の最も重要な第1の習慣である」と語られている。

では、主体的なものの見方、考え方とはどんなものか。

主体的とは、問題の原因を他人や環境のせいにせずに、未来に向けて
「自分ができること」に焦点を当てて、取り組んでいくこと。

「過去と他人は変えられないけど、自分と未来は変えられる」という
言葉どおり、変えられないもの(=過去と他人)を変えようとして ムダに
エネルギーや時間を費やしたりせず、変えられるもの(=自分と未来)に
エネルギーや時間を投入していく、生き方。

一方、「被害者的・受身的」な見方・考え方 も存在する。
被害者的なものの見方・考え方とは、自分の人生の責任を自分で
取らず、 「すべては自分が選択している」
のだとということを、

忘れてしまった考え方のことである。

例えば、会社のグチばかり言っている社員は、「その会社を選んだのは
自分だ。また、その会社にとどまることを選んでいるのも自分だ。」という
ことを忘れてしまっている。

つまり、「自分が選択している」という責任を放棄しているので、無責任
なグチばかりになってしまい、建設的な考え方が浮かんでこないのだ。
嫌なら転職することもできる。 それでも、とどまることを選んでいるのなら、
それも自分の責任、決断であるのに。

また転職しないのであれば、「どうしたら自分にとって、よりよい職場にでき
るか?」を考え、自分のできることをやり始めるという、賢い生き方を選択
することもできる。

被害者的・受身的な生き方では、決して 成功への道は歩めない。
幸せや成功の道に歩めるのは、「主体性を発揮した」生き方である。

 a1130_000248

<感想&気付き>

 改めて、自分の人生、自分の責任を引き受けることの大事さに気が付かされた。

私は、つい「子供関係」の言い訳や愚痴を言ってしまうところがある。
(このIKUJIコーチングの投稿が遅れている件でも、仕事や子供関係で、どうしても

忙しい、できないと言い訳してしまっている・・・。分かっちゃいたけど反省・・・。(^^;))

そういう点で言うと、例えば、私が尊敬するひろっしゅコーチは、そういう言い訳を
しない人だ。 他のママたちにも、必要以上にそのことに「逃げない」「甘えない」
ことを、説いている人だ。

あの厳しさ、真剣さは、やっぱり モデルとすべき人だよな~と感じる。

【11】のモデリングする相手として、ひろっしゅコーチを考えたけど、やっぱりやっぱり、
モデルとすべき人だわ~。 
ついつい、「あ~私には出来ないわ・・・。」なんて思っちゃうこともあるんだけど、
せっかく、こうやって ひろっしゅコーチと繋がることができる、素晴らしい機会に
恵まれているのだから、「主体的に」がんばっていこう!

時々、こっちの記事も読み直したりして。↓

【43】「人的環境。レベルの高い所に飛び込めるか」

がんばるぞ~!