みなさんは、「生みの苦しみ」、感じたことあります?

 「出産」?
 そうそう、それも 生みの苦しみ。
 でも、出産は痛いけど、1~2日耐えれば、大抵は出てくる。
 だから私は、子の出産は、そんなに怖くない。

  すごーく痛いけど、とりあえず出てくる。

  2人子どもを生んで、それは 分かったから。
 自分の力と、子どもの力と、大いなる自然の力。
 あとは、お医者さんや助産師さんが傍にいるから、万が一の時は、
 その人たちが助けてくれるはず、という信頼感で。

 「またやれ!」って言われても、なんとかやれると思うな。
  (↑股だけに・・・。スミマセン。)

 ゴールが見えている、遠くない、っていうのは、頑張れるよね。

  逆に辛いのは、いつゴールになるのか、ちゃんと(結果を)生めるのか、
 分からない時。
  ちなみに、私は妊娠中のつわりがひどくて、しかも長くて、 あの時期だけは、
 本当につらかった。毎日毎日吐き気があって、 (実際に吐くことも多かった。)
 いつ、このつわりが終了するのか分からなくて、本当につらかったよ。

 今の私は、別の「生みの苦しみ」を持っている。


 いつ、生まれてくるのか。 そもそも、ちゃんと生まれるのか。
 ・・・全然分からない。
 自分を信じられなきゃ、しょうがないんだけど、
 私って人間は、「自分」は持ってるけど、「自信」は、意外と
 小さい人間なんだよね。

  ・・・というか、一人で生み出すのは、ムリ!!!

  共感プレゼン講座でも勉強したけど、物事っていうのは、
 相手がいて、仲間がいて、その共同作業で、生み出されるもの
 なんじゃない? 
  
  そういえば、二人の子の出産の時も、パパが立ち会ってくれて、
 助産師さんがリードしてくれて、その、共同作業で「生み出す」ことが
 できたんだっけ。パパのマッサージや励ましは、私の陣痛を、
 だいぶ 和らげてくれたんだっけ。

  ・・・一人で、完璧なものを生み出そうとしてたから、苦しかったのかなあ。

  「生みの苦しみ」。
  仲間を見つけて、共に生み出そうとすれば、苦しみも、喜びに
  変わっていく・・・かも。

   私には、そんな形の方が、合ってるかも 知れないなぁ。