ちゃんと謝れよ

 謝るのって、難しい。

 プライドが許さなかったり、声を出すのに勇気がいったり。
 でも、「悪かった。」という気持ちをちゃんと相手に伝えることは、
やっぱり大切だと思う。

 第一に、自分のために。
 第二に、相手のために。

 33歳を目前にして、最近やっと、ちゃんと謝れるようになってきた。

  例えば、私は4月から職場が変わった。
 少しずつ慣れてきたとは言え、たまに、まだ職場のやり方が
 分からなくて、手間をかけさせたり、ミスをしてしまったり
 することがある。しかも、それに後で気がつくことが多い。

  私は、気がついた時点で、謝るようにしている。
 黙っていれば済むこともあるかも知れないけど、自分が何となく
 気になるようだったら、その場ですぐ謝ってしまった方が、ずっと
 スッキリ、楽になれるから。それに、相手に手間をかけさせたのは
 事実なのだから。  

  それから、4歳、2歳の子どもたちに対して。
 たまに、怒りすぎてしまうことがある。
 手をあげてしまうこともある。
  (まだまだ「叱る」が、よくできない私です。)

 感情的になったその時は、頭では分かりつつ、なかなかすぐには 謝れない。
 だけどしばらくして、私も子どもも落ち着いたら、謝るように努力はしている。

 「さっきはごめんね。怒りすぎちゃったね。」
 「さっきはごめん。叩いたりして。」

 って。
 多分それで、母親である私も、怒られた子どもも、大分救われる。

  最初から、つまんないことで怒らなきゃいいんだろうけど、
 私だって人間だし、日常の中では「理想的な先生」にも、
 「理想的な母親」の継続も、なかなかできないんだもの。

  だから、気がついたら、やめる。
  気がついたら、謝る。努力する。
  それでいいじゃないか、って最近思えるようになってきた。

 ちなみに、うちの2歳の娘も、すぐ謝る。
 愛嬌たっぷりの笑顔で、「ごみんごみん!」「ごみんなしゃ~い♪」

 彼女は若くて可愛いから(^^;)、 つい許してしまいたくなるけど、
 もちろん、本気で反省している訳でもなく。 
 口先だけの「ごめんなさい。」は、やっぱりダメ。
 相手も分かるって!

 誠実に、気がついたすぐのタイミングで 謝る。
 結構むすかしいけど、やり出したら、止まらないよ。ラクだもの。

コメントを残す