リディラバジャーナル

今の マスコミのあり方に 疑問を感じる方に。
ご紹介したい情報があります。

ちなみに、マスコミに対しては、例えば以下のような声を聞きます。

世の中には、もっと報道すべき 大切な問題がたくさんある。

なのに どうしてマスコミは、不倫とか グルメとか、一部に偏った報道とか、同じようなニュースの繰り返しだとか、そんな報道しか出来ないんだ!

一方で、こんな声もあります。

視聴者や読者が、そういうニュースを求めるからだろう。
見たくなきゃ、見なきゃいい。

マスコミも商売だから、視聴率や出版部数を稼がなくちゃいけない。だから、刺激的で話題になるニュースとか、あるいは、お金をもらっているスポンサーに望まれるような内容とか、あるいは、経費や手間暇があまり掛からない(取材や準備が少なくて済む)表面的な内容とか、そういうものになりやすいんだよ。しょうがないだろう。

・・・だけど、だからといって・・・。

私も、思うわけです。

現在のマスコミのあり方って、報道って、私たち 国民を幸せにしているのだろうか。世の中を良くしているのだろうか。

そんな危機感を感じている方、きっと、少なくないのではないでしょうか。

 

そこで、ご紹介したい情報です。

そんな、疑問や危機感を持っている方たちに、ぜひ知ってほしい 新しいメディアがあります。

 

それが、リディラバジャーナルです。

リディラバジャーナル

※画像は、関係サイトのスクリーンショット画像より引用

「リディラバ」という団体が出している、ジャーナル(定期刊行物)であり、メディアなので、「リディラバジャーナル」というのですね。

 

まずは、Ridilover(リディラバ)という団体のご紹介。

株式会社リディラバは、国内にある 様々な社会問題の現場を訪れる「スタディツアー」を企画、提供している団体です。学生や自治体、社会問題に関心がある人などに、現場でのナマの情報、繋がり、そして学びの機会を提供しています。

立ち上げから8年、200テーマ以上を開催し、ツアー先であるNPOや自治体、さまざまな社会問題の現場と密接な関係性を築いてきたようです。

※リディラバについて詳しく知りたい方は、こちらのリディラバ公式サイト

そんな、社会問題に取り組んできた リディラバが、社会問題に特化し、読者からの購読料で成り立つWEBメディア…「リディラバジャーナル」を、2018年1月に立ち上げました。

 

社会の無関心を打破したい。

社会問題を伝えていくメディアとして、他人の事を思いやれる「優しい大人」を増やしていきたい。

 

創始者&編集長である安部敏樹さんの この言葉に、私は、とても感銘を覚えました。

世の中には 様々な社会問題がありますが、その多くが、複雑で多面的な要因を持っています。しかしそれら社会問題は、ともすると、一般的なメディアにより、一面的な見方や、過度に単純化された伝え方をされがちです。そしてそのことが、多くの誤解や偏見を生み、問題解決を阻んでいる現実もあります。

そこで リディラバジャーナルは、一般の人たちに 社会問題への興味を持ってもらい、関係者などにきちんと取材した信頼できる情報を、池上彰氏のように(笑)、分かりやすく構造化して伝えていく。しかも、インターネットの特性を活かして、それら情報が、SNSなどで 興味ある人たちにどんどん拡散されていく…つまり、社会の無関心を少しでも打破できるように、そのような仕組みづくりも考えて、戦略的につくった優良&有料メディアなのです。

▼リディラバジャーナルのサイト

リディラバジャーナル紹介

ちなみに、私は昨年夏に、リディラバが「リディラバジャーナル」立ち上げのために、クラウドファンディングで支援を募っていることで、初めて存在を知りました。

▼クラウドファンディングのページ

リディラバジャーナルのクラウドファンディング

私も、わずかですが、1万円の支援をさせてもらいました。

そして、今年1月21日、クラウドファンディング支援者や関係者を対象にした、リディラバジャーナル始動イベント・・・「大人の学校入学式」が開催されたのですが、そちらにも参加してきました。

何か、すごく良い「気」をもらってきました。

真面目でお固い雰囲気ではなく、まじめだけど、明るくてカッコイイ! そんな、前向きで 気持ちいい雰囲気が、そこに溢れていましたリディラバの人たちの情熱とか、それを支援したいと思う人たちの気が、そこに集まっていたからですかね・・・? 私は、思いがけず パワースポットに行ったような感覚(笑)になって、得した気分でした。

▼当日のイベントの様子

リディラバジャーナル紹介2

リディラバジャーナル紹介3
リディラバジャーナル紹介4

 

社会の無関心を打破したい。

社会問題を伝えていくメディアとして、他人の事を思いやれる「優しい大人」を増やしていきたい。

こういう活動を、目をキラキラさせながら、熱い情熱で取り組んでいる団体。

私は、ぜひ応援していきたいです。

ご興味ある方、よろしかったらぜひ、こちらの「リディラバジャーナル(Ridilover Journal)とは」

のページで、代表 安部敏樹さんの紹介文を読んでみませんか?

今の、既存のマスコミに限界があるからこそ、私たちが、こういうメディアや団体を 育てていく。

そういうことって、大事なように思います。