2007年1月11日

生理前に、すごくイライラしてしまう。

月経前症候群(PMS)に効くレメディってないの?  という質問を受けました。
         remedy2 

============================ 
まず、フラワーレメディは身体や病気に直接作用するものでは
ないので、レメディが直接ホルモンバランスを整えるとか、そういう
ことはないんですね。

ただ、生理前の「不安定な感情そのもの」には、効果があります
私もそうなんですが、生理前は、日頃から溜めていたストレスや
感情が、表面に出てきやすいようですね。

ここでは、イライラというキーワードで、関係がありそうな
レメディを、いくつか挙げてみました。
下記を参考に、ご自身の困っている感情に合いそうなレメディを
選んでみて下さいね。

●ホルモンバランスの変化に、身体や感情が極端に
 影響されている(振り回されている)感覚がある。
    ↓
 ウォルナット(環境や身体の変化についていけない様子に)

●イライラ、カリカリ、子供や周りの人のスピードに、
  我慢ならない、待っていられない感覚。
    ↓
 インパチェンス(せっかち、忍耐ができずイライラする様子に)

●子供や夫のささいな言動、失敗にもイライラしてしまう。
  ちょっとしたことにも目がいき、批判や文句を言いたくなる。
    ↓
 ビーチ(欠点に目がいき、イライラや批判を感じる様子に)

●感情のコントロールができなくなる。爆発しそうで怖い。
    ↓
 チェリープラム(感情がコントロールできない状態に)

●怒りっぽい。憎しみ、嫌悪感など激しい感情がある。
    ↓
 ホリー(激高する感情に)

●自分に対する、嫌悪感、不潔感。 
    ↓
 クラブアップル(潔癖症、不潔感などに。浄化のレメディ)

●落ち着かず、暴飲暴食や現実逃避な行動に走ってしまう。
    ↓
 アグリモニー(嫌な現実から目をそらし、現実逃避の
                                                       行動をとる状態に)

●ドキドキ、イライラ、緊迫感のあるストレスに。
    ↓
 レスキューレメディ(インパチェンスや、チェリープラムも
                   入った、緊急時用のレメディ)

============================ 

 でも、バッチフラワーレメディは「状態」で選ぶというよりは、 「人」を見て選ぶもの です。
ご自身か、ご自身の状態をどなたかに相談して、選ばれるのが いいと思います。