先週、ママイキ@越谷で、ママイキを受講しました。
初回のテーマは、「聴く」。

「受講した時は、うんうん!って感動したのに。」
「受講後数日は、意識して ”聴いて”いたのに。」

やっぱり私は、子供の話を聴けないのよ~!
子供が許せないのよ~!
 

というあなた。

頭では分かってるけど、実践できない~!

と悩むあなた。

うんうん。分かります。分かります。
私も、よく同じようになりますもの~。私を含めて、そういう人たち
には特徴があるんですよ~。

・いいお母さんになりたい、と強く思っている。
・いつも一生懸命で、まじめ。
・すぐに、自分を責めてしまう。

もしかして、
「分かっているのに、出来ない。」という所にばかり、フォーカスして
いませんか?

「今までの私ったら、全然ダメじゃん。全然、聴いてあげてなかった。
 こんなお母さんじゃダメだ・・・。」
なんて、過去のことにばかり、フォーカスしてませんか?

そうやって自分を責めている時点で、あなたは、
聴いてあげていません。 見てあげていません。

子供の話を・・・じゃありませんよ。
ママ自身の声です。
ママ自身のことです。

ママだって頑張ってる じゃない!
ママだって、よくやっている じゃない!

自分のがんばり、自分のつらさ、自分の感情・・・。

まずは、「私」を聴いてあげよう。
「私」を聴いてもらおう。   
                    

 

友達でもいい。
自分自身でもいい。

自分がいっぱいいっぱいの時、
人の話をろくに聴けないのは、当たり前
ですよ。
子供を許せないのも、無理ない ですよ。

まずは、自分をゆるめましょう。

自分の心を聴いてもらいましょう。

ママイキでも、後半言っていたじゃないですか。
ママの心に余裕がなければ、聴いてあげるなんて
出来ないよね。「話す」ことで、手放せるものを手放そう。
自分なりの「気を元に戻す」方法で、心にすき間を作ろうって。

ひろっしゅコーチは、こうも言っていました。

いろいろな方法、いろいろな視点を知ったことで、選択肢ができました。
あとは、自分がどれを選択するか。 選択できるか。

セミナーで教わったように出来ないと、「ダメ」じゃないんですよ。
10回のうち、1~2回でも「はっ!」と気が付いて、
自分がこうしたい!と思う行動を選択できれば、それだけで、
十分スゴイこと
 なんです。

野球選手だって、2割打てればそこそこ、3割打てれば、トップバッター
ですよ。 プロの野球選手だって、そうなんですから~。

10割を求めて、過去の自分やできない自分を責めてちゃ、
ダメですよ~! そんなの、無理だから!

まずは、私。
人を許し、受けいれてあげられるほど、
「自分」をゆるめていますか?

許してあげていますか?