前回の記事から、1週間経ってしまいました。(^^;)
ブログの報告はできずにいましたが、その間にも、私の「整理収納大作戦」は、
着々と進んでいたんですよ!

収納コンサルタント吉田先生のご指導のもと、これまでに、だいたい以下のようなことを
やってきました。 吉田先生に個人での収納コンサルティングを頼むと、だいたい
こんな感じで進むようです。ちなみに私は、

「ある程度のアドバイスやアイディアを頂いて」
→「それをもとに、自分で(時に人の手も借りて) 収納改造する」
→「実践(生活してみる)結果の検証」
→「検証結果を踏まえて、さらに次のステップへ」  という流れでやっています。

【第1回打ち合わせ】

我が家の何とかしたい場所の現状写真や間取り図を提出し、
どんなことで困っているのか、どのようにしたいのか、希望を伝えました。
私の大きな希望(目的)は2つで、

(1)子どもたちが「自分で身支度や片付けがしやすい」収納配置にして、
家事や育児に、不必要に時間・手間がかからないようにしたい。

(「片付けなさい!」などのガミガミ回数を減らしたい。(^^;))

(2)家庭との”両立”や”切り替え”がしやすい「私の仕事スペース」を確保したい。

 
【第2回打ち合わせ】

吉田先生のお宅に行って、 (※参照:吉田先生のお宅に行ってきました!)
打ち合わせを行いました。吉田先生が、私が前回提出した間取り図や希望を
踏まえて、3つの収納プランを提案してくれました。
そのうち、コストその他で最も実現がしやすいと思われるプランを選んだの
ですが・・・。このプランも、私にとっては「そう来るか!」と少々衝撃の内容でした。
具体的に言うと、リビングの隣にある和室の押し入れを、私の仕事スペースに
改造する
 という案だったんです。

わが家の和室押し入れは、なぜか湿気がこもりやすく(床下浸水したせい?)
客用布団や毛布がカビ臭くなってしまう、という話を吉田先生にしたのですが、
「布団の収納場所として機能しないのなら」ということと、「主婦が仕事
スペースとするのなら、キッチンやリビング、洗濯スペースの近くの方が、
動線的にも望ましい」ということと、2つ理由があったようです。

ですが、私はこの案を最初聞いた時、理屈は分かるものの、
「押し入れを改造しちゃう?!(ふすまを取り外して棚を置くだけですが)」
「2階には、使っていない立派な(?)書斎コーナーもあるのに・・・。」
と、微妙に納得できない気持ちもありました。

ですが、この打ち合わせの後、「ここに仕事スペースがあったら・・・」
「仕事で使う書類やパソコン、電話がここにあったら・・・」と、生活の
中で何日もイメージを繰り返してみたら、やっぱり、そこにそれらがあった方が、
便利だな、ラクだろうなと思えた
んですね。

私は何だかんだ言って、リビングに仕事を持ち込んでやっていることが多く、
仕事で使う書類や本などのグッズも、そこに集まってきていました。
この後書く、吉田先生からの課題をやってみても、やはり生活の場である1階に
仕事スペースを持ってきた方が、ずっと効率的
であることは一目瞭然でした。
決まった場所を2階に作っても、結局持ち込んでしまう訳ですから。

そして吉田先生いわく「仕事と家庭の”切り替え”をしっかりすることも大切」という
ことでした。(私もそれを希望していました。) だからこそ、一箇所きちんとした
仕事スペースを作って、仕事の時間でない時は、和室をしめて、そこには入らない。
くつろぐ時はくつろぐ。 やる時はやる。 人間の集中できる時間は限られるのだから、と。
そんなこともお話して下さいました。 いや~本当におっしゃる通りだわ、と
反省した次第でした。(^^;)

・・・ということで、和室押し入れ改造プラン (他にもいろいろ改造箇所があるのですが)
を実行することとなりました。

 
【 吉田先生からの課題(宿題)】

(1)住まいのゾーン把握シート
(2)住まいのモノチェックシート

この課題が、正直ちょっと大変でした。
でもやってみれば、いろいろな気付きがたくさんありました。

(1)住まいのゾーンの確認は、「この場所では、誰が、どんな行動をするのか」
ということを、1つ1つ把握する課題でした。そして、その行動に使う「モノ」も、
全部書き出す
のです。

この課題をやってみて、まず私は 次のことに気が付きました。
うちの子どもたちは1階リビングで遊ぶのですが、遊ぶためのおもちゃは、
2階の子ども部屋にあったんですね。 つまり、 「行動する場所」と
「収納する場所」が非常に離れている
 ことに気が付きました。

そこで、吉田先生のアドバイスもあって、最近1階リビングにおもちゃの
収納スペースを確保したのですが、これがなかなかいいんです。
今までは「2階からあまりおもちゃを持ってこないで!」「おもちゃを早く、
子ども部屋に持っていきなさい!」と怒っていることが多かったのですが(^^;)
それが大幅に減りました。 やってみれば当たり前のことなんですが、
こういうことが、意外と他にも多くあったんですね。

要するに、必要なものが1つ(近く)の場所に集約されていないで、あちこちに
点在している。 そのせいで、どこにあるか分からなくなったり、使うのに時間が
かかったり、片付けるのが面倒でちゃんと片付けなかったり・・・
の例が、
いっぱいあったんですよね~。(^^;)

講座でも習うと思いますが、「使うモノを使う場所に」が、収納の大基本なんだと、
改めて実感してしまいました。

(2)の住まいのモノチェックは・・・ 要するに、自宅にある全ての「モノ」を書き出し、
それを自宅の図面に落とし込む
という作業なんですが・・・。
正直わが家は、モノが過剰なほどにあふれている状態ですので、
泣きたくなるような課題でした。(^^;)

でも、頑張ってやりました!

やってみて、改めて感じたことは・・・。
わが家には、自分たちでも把握していないモノがたくさんあふれていること。
そのことで、かえって使えるものも使えず、モノを死蔵させている。
もったいないことをしている。 それが痛いほどによく分かりました。
必要なものが必要なところにまとまっていないことも、よく分かりました。

また、ここ1~2ヶ月、私はたくさんのモノ(不用品)を処分しているのですが、
その捨てる作業をすればするほど、感じます。
「モノを大切にすること」
「不要なものを、安易に買ったりもらったりしないこと」
「モノを溜め込むだけで使っていないのでは、例え捨てたりしなくても、
モノを粗末にしているのと同じ」・・・。

捨てる作業をすることで、捨てないようにするそのために必要なことを
考えるようになりました。
おかげで最近は、「いらないものはいらない」とはっきり言えるようになってきました。

 

【第3回 自宅検証&収納プラン調整】

1月9日、吉田先生に直接自宅に来てもらい、自宅検証をした上で、
収納プランの調整を行いました。また、キッチンや和室の整理作業にも、
早速とりかかりました。 私の友人1名にも来てもらい、3人総出でやりました~。(^^;)

・・・このあたりも詳しく書きたい所ですが、長くなってきたのでこのあたりで。

今回の「整理収納大作戦」、正直、時間や手間はかかりますが、それでも、
目に見えて便利になったり、使いやすくなったりするので、やっぱりやっていて
楽しいです。(*^_^*)  16日には、いよいよ収納講座が開講しますが、
続けて頑張っていきたいと思います♪ ブログ報告も、私のペースで行っていきますね!

 【お知らせ】 1月16日より、茨城県守谷市にて、
 「収納の神様に教わる!毎日をラクにする収納 徹底基本講座」
(5回連続講座)を開催します! 私も特別実習生として参加します♪
詳しくはHPで!