吉田先生のお宅に行ってきました!その1の続きです♪

▼吉田先生お宅のキッチン。
 先生宅のキッチンまわり 収納

スッキリキレイでしょ~!
20年以上お住まいになっているお宅とは思えないほど、キレイなキッチンでした。
わが家は築7年なのに・・・。 かなり反省させられました。(^^;)

三角コーナーは置いておらず、なべやお玉などは、ちゃんと中に収納されています。
そして、無駄なものはほとんど置いていない!
このキッチンスペースは、主婦なら ぜひ詳しく見たい所と思いますが・・・。
うふ。詳細はナイショです。
特別実習生の方は、ご自身の目で見る日を 楽しみにしていて下さいね。

 

▼吉田先生お宅の洗面スペース
先生宅の洗面スペース 収納

ここも、スッキリしてますよね・・・。
これ、写真だと分かりづらいかも知れませんが、キッチンにしても洗面台にしても、
「スッキリ」はもちろん、とても「清潔」に保ってあるんですよ。
カビや水垢なんて見当たらないし・・・。
(わが家は・・・。(ーー;))

でも、大袈裟なことをしている訳でなく、
「その場その場の ちょこちょこ掃除」だけで、これを保っている
みたいです。キッチンも洗面台も、ふきんやタオルでこまめに拭き上げ、
水滴を残しておかないのがポイントみたいです。 そしてまた、
そういう作業も、出ているモノが少ないから、余計にやりやすいんでしょうね。

それにしても、ドライヤーやブラシなどの洗面道具は
どこに置いてあるんでしょう?
▼洗面台の下に、各自の洗面道具が・・・。
各自の洗面道具は 洗面下の収納スペースに

 

1人 1カゴ。
その人が使うものを、その人のカゴの中に。
それだけのシンプルなしまい方です。

こういう写真を見ちゃうと、美しいカゴで見栄えよく並んでいる訳じゃない(失礼!)し、
「な~んだ!」って思いません?
ごく普通のカゴ(100均で売ってそう)に入れて、ごく普通にしまってある。
誰の家でもすぐに出来る方法ですよね。

吉田先生は、 「自分のモノは 自分が(責任持って)管理」
とよくおっしゃいます。 この洗面スペースで言えば、表に見える部分は、
「みんなの共有スペース」な訳ですよね。
だからここには、みんなが使う必要最小限のものしか置いておかない。

(ちなみに、わが家の洗面台は、私の所有物(化粧道具、コンタクトその他)で
あふれかえっています。(^^;) 共有スペースを占領していたのは、
他でもない私だったのね・・・。 おおいに反省。)

各自のものは、各自の場所(ここでは下のカゴ)に、きちんと片付けさせる
お子さんが小さかった頃から、しつけの意味も含めて、
これを徹底させてきたそうです。
その代わり、各自がしまいやすい「収納場所」を、きちんと作っておく、
決めておく
ということも、大切になってくるんでしょうね。
(このあたり、講座でもお話が聞けそうです。)

この考え方(「各自のものは各自が管理」)は、全てに通じます。
吉田家では、衣服にしてもそう。 お母さんがやるのは、
「洗濯、干す、取り込む」の作業。 あとは自分たちで持っていってもらいます。
お風呂に入る時も、自分の下着やパジャマは、自分で脱衣所に持っていく。
脱いだものは洗濯機に入れる。 それが当たり前というように
身につけさせてきたそうです。

確かに、お母さん(主婦)1人が、家族みんなの荷物を
整理したり、片付けたり、把握したり、そんな世話焼きを
ずっと続けていたら、大変
ですものね。
そんなことしていたら、夫も子どもも、ちっとも自立できません。

子どもが小さい頃はある程度しょうがないとしても、でも早めに、

・「自分のモノは自分で管理する。片付ける。」
・「それがやりやすい収納場所や方法を考える。」

それは大事なんだな~と実感しました。

▼これがヒミツの? ヨシダ式3点セット
ヒミツの3点セット

最後に、吉田先生おすすめの、ヨシダ式3点セットを紹介します。

・水の入った霧吹き(100円ショップで買える程度で十分)
・わりばし
・手のひら大の ボロ布

先ほども書いた、 「チョイ拭き」「チョイ掃除」をするための黄金セットです。
これを 家の中に必要数置いておいて、気になった時にその場ですぐ使うのです。

吉田先生の家が、あまりにもキレイ(清潔)だったのとスッキリしていたのに
感銘を受けて、私も早速、この3点セットを準備しました。

使ってみて、いいですね~!
ボロ布は、衣服を整理した時に出た、いらない服を切り刻んで作りました。
今やっている大掃除でも、大活躍していますよ。
気になった時に「使い捨て」で使える のが、ミソですね。

洗ったりすすいだりなどを考えなくていいので、それこそ「チョコチョコ」掃除できます。
まだ捨てるのは勿体ない、と思った時は、近くを「ついで拭き」してから
捨てようと思うので、その「ついで拭き」で、気持ち、わが家がキレイに
なったような?!

それから、このチョコチョコ拭きをしながら、
「湿気や水分を残さないようにするのが、後で掃除を大変にしないポイント」
と吉田先生がおっしゃっていたのが、何となく分かったような気がしてきました。

詳しいことが気になる方で、茨城県守谷市の近くにお住まいの方は、ぜひ、
下記の収納講座に参加してみて下さい!

「あいにく遠いのよ~」という方には・・・
吉田先生は、今年夏に本も出版される予定だそうです。
そちらをチェックしてみるのもいいですね♪
また私も、少しずつですが、このブログで報告記事を載せていきたいと思っています。
(自分の収納モチベーションを、これで高めています。(^^;))


2009年1月より、茨城県守谷市にて、
 「収納の神様に教わる!毎日をラクにする収納 徹底基本講座」
(5回連続講座)を開催します! 詳しくはHPで!