※Facebookに友だち限定で投稿した内容と、重複する記事になります。
また、こちらは不特定多数の方にご覧いただくので、個人的情報については、一部内容を省略しました。


 

3月10日、息子の中学校卒業式でした。

ここでは詳しく書きませんが、息子については、最後の最後まで、悩みがつきませんでした。
中学校の3年間を含め、義務教育の9年間、本当に様々なことがあったと、胸が熱くなります。

でも、こうして無事に 卒業の日を迎えられたこと、本当に良かったです。
卒業式では、息子を含め、他のお子さんの成長した姿にも感動して、何度も泣いてしまいました。

 

 

息子には、たくさんのことを教えられました。

・多数派の形が、全ての人の「当たり前」ではないこと。

・その子によって、様々な成長の形があること。

・他人のお子様なら寛容に見られることも、我が子、我が身内となると、なかなか難しいこと。

・私自身、無意識に持っていた 思い込み。弱さ。

 

…そんなことを、息子に何度も何度も突き付けられて、こちらも、何度も打ちのめされながら、教えられた気がします。

 

学校の教員経験があっても、心理カウンセラーをやっていても、やっぱり、親としての悩みは同じ。
「ままならなさ」に、イライラしたり、苦しくなったりを 繰り返しました。
本当に、貴重な経験をさせてもらってますよ!(笑)

 

公立高校の合格発表前で、まだ落ち着かない状況ですが、ともかく、大きな区切りの一日を迎えられました。

 

息子よ。

卒業おめでとう。