長女(もうすぐ3歳)から、異臭がすることに気が付いた。
最初は口臭かな?と思った。
でも、今までに口臭なんて感じたことがないのに・・・。
けれど、やっぱり娘の口に近付くと、異臭がする気がする。

歯磨きの時、よく歯を磨かせた。仕上げ磨きも、うがいも、念入りにさせた。
それでも、磨いたばかりだと言うのに、異臭が消えない。

おかしい。
何かがおかしい。

・・・もしかして、鼻?!

その異臭の源が、口ではなく鼻であることに気が付いた。

・・・そう言えば!

数日前から、娘がティッシュをよくいたずらしている事を思い出した。
小さく引きちぎっては、フザけて、自分の鼻の中に突っ込んでいたことを・・・。
「コラ!」「やめなさい!」なんて、やめさせたつもりだったんだけど・・・。

もしや・・・。

急いで綿棒を取り出し、娘の鼻の中をのぞいた。

やっぱり!!!

鼻の中に、ティッシュの固まりが入っている。

綿棒で取れるだけは取った。
それでも、異臭が治まらない。 まさか、もっと奥にも・・・???

翌日、耳鼻科に出掛けた。

やっぱりだった。
鼻の奥から、異臭を放つ直径2cmはあろう、大きな固まりが出てきた。

も~~!! 何やってんのよ、娘!!
ニコニコしてる場合じゃないって!!

お医者さんに言わせると、そんな固まりが詰まっていたせいか、鼻の中が化膿して、びらん状になっているらしい。結局、抗生剤を処方されて、家に帰ってくることになった。

それにしても・・・。

鼻の中に、こんなに大量にティッシュを詰め込むだなんて。
もしかして、ストレスからやったのだろうか。
娘は、極度の「ママっ子」。 常に、「ママ大好き!」を連発して甘えている。
でもここ一週間は、お兄ちゃんだけ熱を出し、お兄ちゃんだけ保育所を休んだり、お兄ちゃんだけ、世話を焼いてもらったり・・・。 娘は優しい子なので、文句を言うどころか、お兄ちゃんを気遣う言葉もかけていたんだけれど・・・。 胸の内には、大きなストレスや我慢を抱えていたのかも知れない。

加えて、最近の私は起業準備で、とても忙しい毎日を送っていた。子供たちにゆったりと向き合う余裕が、正直なかったのが事実だ。

・・・そんなことを思い出し、何だか切ない気持ちになってしまった。

「もう、ティッシュをこ~んなことして、鼻の中に入れたりしないでね。イタイイタイ、になっちゃうんだからね!」

娘に言い聞かせながら、自分自身も、反省の気持ちでいっぱいになった。
もうちょっと、子どもたちに目を向けてあげなきゃ。
起業家である前に、私は母親なんだもの・・・。

屈託のない笑顔が、さらに、母の胸をしめつけた。